「オールデン」は日本人の大きな脚の男性から支持されています

日本国内で販売されている革靴は、日本人の平均的な足のサイズになっていますから、サイズが大きい人は革靴を履くのが難しいと言われているnので、海外メーカーの革靴の愛用者が多いです。

特にアメリカで販売されている「オールデン」は、高級品質の革を使用しているのに、かなり軽いつくりになっているので、営業マンでも長い時間履くことができると評判になっています。

「オールデン」の特徴としては、コートバンという農業用の馬からとれる皮になりますので、かなり稀少部位を使用して製造されています。

基本的に財布などに使用されている柔らかい皮なのですが、靴に使用することで独自のシワをつけることができるという点から、同じオールデンでも人の歩き方によって全然違う味わいが出ますから、オリジナル感を出したいのであればオールデンが最高だと思います。

しかし難点なのは、「オールデン」は非常に繊細な靴ですので、傷つきやすい、雨に当たると色落ちをしやすいというデメリットがあって、「オールデン」自体が非常に高級な革靴ですので、ショックが大きいというデメリットもあります。