熊本の居酒屋で飲む約束ではないんですから

石原伸晃環境相は20日の参院予算委員会で、17日に皇居で行われた国賓のベトナム国家主席夫妻の歓迎行事に、出席が可能であるにもかかわらず欠席したことを明らかにしたそうです。
菅義偉官房長官は「事情はどうであれ、出席可能であったとすれば、出席すべきなのは当然だ」と苦言を呈して、同様の行事への閣僚の出席を徹底させる考えを示したそうです。

環境省によると、石原氏は16日の福島県での日程が17日までずれ込む可能性があったため、歓迎行事の欠席を連絡していたそうです。その後、14日の時点で16日中の帰京が決まったそうですが、事務方が欠席のままとしたそうです。

石原氏は「一度決めたことを変えることはできないと事務方が判断して、私も強く言わなかった点は反省している」と釈明したとか。

民主党政権時代の平成23年11月には、当時の一川保夫防衛相がブータン国王夫妻を歓迎する宮中晩餐会に同僚議員のパーティー出席を理由に欠席した際、野党だった自民、公明両党が厳しく批判していたことがあります。

石原氏は、17日の参院環境委員会に遅刻したことについて「国会審議への遅刻は絶対あってはならない。不徳の致すところで、誠に面目ない」と陳謝したそうです。

何があったのでしょうね。今日は、総理は「いいとも」にまで出席しているというのに、閣僚がこれじゃあ、総理も報われないよ!

そんな、熊本の居酒屋で、仲間と飲むのとは事情が違うのですから、早め早めの予定で行動していただかないとね。